NEDO=リチウムイオン電池を超える革新型電池の実用化へ―産官学で研究

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は18日、リチウムイオン電池(LIB)の性能を超える革新型蓄電池の実用化に向けた技術開発に着手すると発表した。このプロジェクトでは、大学や研究機関、企業の産官学が連携することによって、亜鉛空気電池や硫化物電池などを試作し、エネルギー密度や耐久性、安全性などの車載用蓄電池に必要な性能を高いレベルで検証する。2030年にガソリン車並みの走行性能を有する電気自動車(EV)などへの実用化を目指す。政府が2016年から20年までの5年間に150億~180億円を助成する予定という。(写真はプロジェクトのイメージ。NEDOのニュースリリースから引用)

このプロジェクトに参加する大学や企業は以下のとおり。

京都大学(代表機関)、産業技術総合研究所、茨城大学、神奈川大学、関西大学、九州大学、高エネルギー加速器研究機構、神戸大学、東京大学、東京工業大学、東京農工大学、東北大学、名古屋工業大学、兵庫県立大学、ファインセラミックスセンター、北海道大学、三重大学、理化学研究所、立命館大学総合科学技術研究機構、早稲田大学、ソニー、トヨタ自動車、豊田中央研究所、日産自動車、パナソニック、日立化成、日立製作所、日立マクセル、本田技術研究所、三菱自動車工業。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る