【マーケットエッジ予告】プットオプション建玉急増~原油価格の調整局面入りが接近~

 石油輸出国機構(OPEC)の定例総会は6月2日、原油生産枠の新たな設定を決めることなく終わった。もともと、市場関係者の間では、今回のOPEC総会で生産枠に関して合意が形成されるとの見方はきわめて少なかった。原油先物市場の反応も、WTI原油の期近限月が49ドル台/バレル、北海ブレント原油の期近限月が50ドル台/バレルと底堅く推移している状況だ。ただ、オプション市場で買う権利であるプットの建玉の増加ペースが止まらない・・・。

 この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る