【マーケットエッジ予告】米シェールオイルの生産は微減から増勢に転じる可能性~2017年生産ヘッジは順調~

2月以降の原油反発局面入りで、米シェール企業のヘッジ売りが加速していたことがはっきりしてきた。ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のWTI原油相場は、期近ベースで2月11日の26.21ドル/バレルから6月8日には51.23ドル/バレルへ大幅に上昇した。この間に、米シェール企業の2015年度本決算報告と2016年第1四半期の決算報告を発表されたが、同期間中のヘッジポジションの推移やNYMEXが公表した原油先物市場における未決済建玉のポジション動向を含めて分析してみた・・・。(写真はCMEグループのロゴマーク)

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る