【エネルギーコンフィデンシャル予告】 ≪豪州・米国・カナダの事例≫ 行政側や住民らの“待った”の声で停滞するエネルギー開発案件

一昨年来の原油価格の下落が、エネルギー企業規模の大小を問わず、経営の圧迫要因となっている。ただ、これに輪をかけて厄介となっているのが、行政サイドや開発地域の周辺住民、環境保護団体などからの“待った”の声だ。開発計画がストップし、事業継続が危ぶまれるケースもある。豪州、米国、カナダでの事例を拾ってみた・・・。

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

アーカイブ

カレンダー

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る