三菱商事など=ベトナム電力公社向け石炭火力発電所の建設工事を受注

三菱商事は11日、韓国の斗山重工業など4社で構成するコンソーシアムと、ベトナム電力公社(EVN)が同国南部ビントゥアン省ビンタン地区で計画する石炭火力発電所(出力60万キロワット)の建設工事を受注したと発表した。受注額は明らかにしていない。(写真は完成予想図、ビンタンⅠ~Ⅲプロジェクトも含まれる。三菱商事のニュースリリースから)

このプロジェクトは、三菱商事が斗山、ベトナム現地パートナー2社との同コンソーシアムで2013年にEVNから受注。現在、建設中のビンタン4石炭火力発電所(出力60万キロワット2基、計120万キロワット)の隣接地に、追加で1基を新設する。三菱商事が蒸気タービンと発電機の供給、斗山がボイラー供給と現地工事、ベトナムのパートナー2社がプラント補機の供給を担当し、運転開始は2019年後半を予定する。

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る