【マーケットエッジ予告】OPEC臨時総会を受けた原油市況のゆくえ~期近55ドル/バレルまでの急騰も~

OPEC(石油輸出国機構)は9月28日、アルジェの臨時総会で原油生産量を日量3,250~3,300万バレルへ減産することで合意した。これを受け、原油先物市場は騰勢を強め、NYMEX(ニューヨークマーカンタイル取引所)の原油先物相場は10月4日、11月限で49.83ドル/バレルまで上昇し、50ドル/バレルの大台が視野に入ってきた(グラフ1)。本サイト「マーケットエッジ」で[OPEC非公式会合に向けた原油価格の展望]を9月26日に配信、増産凍結の合意があっても40~50ドル/バレルのレンジは突破するだけのインパクトはないとしたが、その後の市場内部要因の推移を精査したところ、50ドル/バレルを突破する可能性もありうると分析した・・・。(写真はイメージ)

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る