【マーケットエッジ予告】原油価格は一段高へ ~調整は短期間で、年末には55~60ドル~

原油価格が高値圏で一進一退の動きになっている。10月10日のニューヨークマーカンタイル取引所(NYMEX)では、期近の11月限が51.60ドル/バレルの高値を付けた後は、50ドル前後の水準でもみ合う展開になっている。9月末にOPEC(石油輸出国機構)が減産に合意したことやロシアなどのOPEC非加盟の主要産油国が減産に協調姿勢をみせていることが、引き続き買い材料となっている。先物の未決済建玉報告などの内部要因や米国シェールの生産動向から考察すると、WTI原油価格の下値は限定的で2016年末には55~60ドル/バレルを目指すと予想する。

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2019年3月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る