【マーケットエッジ予告】原油の世界需給、2017年第1四半期にも均衡する可能性

石油輸出国機構(OPEC)は、11月30日に開いた定例総会で、加盟国全体の原油生産量を日量3,250万バレルにまで引き下げることを決定した。対象期間は2017年1月から6月までとなる。最新情報では、11月時点のOPECの生産量が3,350~3,400万バレル/日に達したと見られ、その減産幅は100~150万バレルにも及ぶことになる。世界の原油需給の引き締まりで、当面、強基調が続けば、米国にとってシェールオイルの生産を増加させる好機となりそうだ。

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る