【コンフィデンシャル予告】イスラエル―目立つ英領北海での権益取得、懸念される政治情勢の緊迫化

イスラエル企業による地中海沖合での天然ガス生産活動に加え、英国領北海でのガス権益取得の動きが目立っている。その一方、トランプ米政権がイスラエル支持を鮮明にしたことを受け、イスラエル政府がパレスチナやイスラム教徒に対し、強硬な姿勢に転じるなど、中東地域に火種が燻り始めた。イスラエルを発火点とする中東危機の再来が懸念されている。

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る