【コンフィデンシャル】セルビアが国営石化事業を売却へ―「一帯一路」を目指す中国が買収か

中国がセルビア寄りの姿勢を強めている。中国は現在、シルクロード経済圏構想である「一帯一路」政策を推進中で、地理的にもセルビアを重要な拠点と位置付ける。同国への経済進出を果たすことで、中国は強大な影響力を誇示しようとの野心も垣間見える。こうした状況下、経済不振にあえぐセルビアが国営石油化学プラント事業を売却するとの情報が伝わっている・・・。

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る