【マーケットエッジ】高止まりする石油製品とドバイ原油のクラック・スプレッド~複合要因から堅調さ維持も、秋口には新たな決断が必要か~

国内石油製品のスポット(卸)とドバイ原油の価格格差であるクラック・スプレッドが再び拡大基調だ。12日には主製品であるガソリンとのクラック・スプレッドが15.22円/リットルと前月から3円近い上昇となるなど回復傾向が鮮明となっている。長期的に見ても、2017年度入りしてからのスプレッド幅は、データを遡れる2003年度以降では高水準となっている。大手石油会社の統合をきっかけとした、石油ディーラー向け海上販売枠の削減や安売りの是正などが効果を発揮し始めている。また、海外からの輸入量が伸びないことも背景にありそうだ。本サイト「マーケットエッジ」(3月16日付の『石油製品クラック・スプレッドの回復基調が鮮明』)で、「スプレッドは10~15円レンジの上限に接近し高止まりする可能性が高く、レンジの切り上げも視野に入ってきた」としたが、その可能性がますます強まっているとみる・・・。

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る