【特集】EU①=バルト3国電力網をロシアから分離へ、ECが自動車制度の見直し

 欧州連合(EU)61日、バルト3(エストニア・ラトビア・リトアニア)をロシアの電力網から独立、分離させる計画を発表した。バルト3国は、2025年までにロシアの電力網を切り離し、ポーランドの電力網に接続するという。EUは、ポーランドとリトアニア間の電力網接続にかかわる初期投資額を約19,000万ユーロと見込む。ロシアからの電力網切り離しについて、EUはコスト削減などを挙げているが、実際は2014年のウクライナ危機をきっかけに高まるエネルギー安全保障で、ロシア依存を引き下げるのが目的とされる。(画像は欧州旗)

 他方、欧州委員会(EC)529日、自動車の認可システムの見直しに合意したと発表した。現在、新しい規制案をEC内で検討している。新規制案では、新車5,000台に1台の割合で排ガス試験が実施される。違反行為に対し、最大で3万ユーロを課すという。今回の認可システムの見直しは、排ガス試験データを改ざんしたフォルクスワーゲンの問題を受け、信頼回復を目指す狙いがあるとされている。

 このほか、ポーランド国営石油・天然ガス公社(PGNiG)529日、同国西部のシロダ・ヴィエルコボルスカ近郊の鉱区(Miloslaw-5K/H)で天然ガス埋蔵を確認したと発表した。掘削地点は深度3,650メートル、水平400メートル。この鉱区の権益比率は、PGNiG51%、ポーランドの石油精製・石油化学メーカーのPKNオルレンが49%

 ドイツでは、海運・コンテナ運送会社のハパックロイド(本社:ハンブルク)529日、アラブ首長国連邦(UAE)の海運会社であるユナイテッド・アラブ・シッピング・カンパニー(UASC)との合併に関連して4億ドルの増資が株式総会で承認されたと発表した。統合が実現すれば、世界第5位の海運会社が誕生するとし、増資手続きを6カ月以内に完了させる予定とした。

 一方、ドイツのリンデ・グループは62日、ロシアの化学会社であるニジネカムスク石油化学(NKNK)からタタールスタン共和国のジネカムスクにある石油化学コンプレックス(複合施設)にオレフィンプラントを建設することに合意したと発表した。製造能力は、エチレンが年間60万トン、その他の石油化学製品が同60万トン。新設するオレフィンプラントは2022年に稼働する予定だ。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る