【マーケットエッジ】40カ月移動平均線をトライするRecx-22~エネルギーと業種別株価指数の相関から考察~

株価と原油・天然ガスなどのエネルギー価格は逆相関の関係にあると言われる。エネルギー価格の上昇は、企業や家計のコスト上昇要因として株価の下落要因、その下落は逆に恩恵になると考えるからだ。しかし、2007年以降の両者の関係を業種別に考察すると、意外な関係が見えてくる。長期間(2007~2017年)で相関係数を算出すると無相関に近い比較結果となってしまうが、1年単位でみるとその特徴が際立ってくる。鉱業や石油・石炭製品など多くの業種別指数とも密接な関係があり、株式市場の追い風となる可能性がある。(写真はイメージ)

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2019年3月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る