【マーケットエッジ】外堀は埋まり始めた、年末に向け原油価格急落か? ~ファンド玉の買い越し(比率)は拡大の一途~

原油先物市場でファンド筋の先物買いポジションが急増している。ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のWTI原油、インターコンチネンタル取引所(ICE)の北海ブレント原油と重複上場するWTI原油3市場の投機玉の買いポジションの合計が9月26日、約149万ロット(1ロットは1,000バレル)まで膨らみ過去最高を更新した)。買いポジションの未決済建玉に対する割合や、買いポジションから売りポジションを差し引いたネットの買い越し数の未決済建玉に対する割合も、過去の原油価格急落の直前水準に徐々に迫っている。このままファンド筋のポジション整理が進まないようだと、年末に向けて価格急落に対する注意が必要だ。(イラストはイメージ)

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

アーカイブ

カレンダー

2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ページ上部へ戻る