【コンフィデンシャル】シンガポール―IMO規制を前に船舶用バイオ燃料プロジェクトを発足

国連の国際海事機関(IMO)が、2020年に予定する船舶燃料の硫黄濃度にかかわる規制施行を前に、世界最大級のバンカリング(燃料補給)基地としての地位を築くシンガポールが対策に乗り出した。シンガポール海事港湾庁(MPA)などが中心となり、船舶用バイオ燃料プロジェクトを発足させる。

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
ページ上部へ戻る