【マーケットエッジ】米中の石油製品需要は堅調、経済に減速感はない?~米原油処理量と中国原油輸入量からの考察~

米国製油所の原油処理量が増加している。3月第4週は日量1,646万9,000バレル(4週平均)に達し、過去5年平均の1,528万600バレルを118万8,400バレル上回り、石油製品需要の好調さがうかがえる。一方、中国の原油生産と輸入を合わせた数量の増加ペースも際立っている。中国海関統計によると、2月の同数量は日量1,253万3,000バレルとなって、1月の水準からは落ち込んでいるものの、長期トレンドは上向きとなっている。米中の2国で世界の名目GDPの4割を占めるとされ、両国の石油需要が堅調であれば、それは両国の経済が順調である事を示唆していることになる。

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る