【マーケットエッジ】原油対比の割安感から不需要期にLPG需要浮上か

サウジアラビアやカタールなどの中東産ガス社から荷積みされる、いわゆる積み地(FOB)ベースの液化石油ガス(LPG)のスポット相場は4月、大きく上昇した。原油相場の堅調に負うところが大きい。ただ、同相場は足元、熱量換算値を基にすると、サウジアラビアの主要原油であるアラビアンンライトに対して割安で推移している。リム情報開発の調べでは、2日の時点でプロパンが88%、ブタンが90%となっている。これらの数値は熱量を基に、アラビアンライト原油を100%とした場合、プロパンが同原油に対して12%、ブタンが同10%低いことになる。日本や中国、韓国および台湾などLPGの国内需要を国外からの輸入に大きく依存する極東の需要家にとって割安な水準でLPGを購入できることを意味する。この中、極東の需要家は極力、冬場の需要期の相場高騰期を避け、春先から夏場の相場低迷期に在庫を積み増したいところだ・・・。

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る