【マーケットエッジ】原油相場はピークアウトか、下値めどは60ドル~内部要因と米ドルとの関係から考察~

騰勢を強めていた原油相場に一服感が出ている。ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のWTI原油は5月21日に72.24ドル/バレル(期近限月の終値)まで上昇したが、6月6日には64.73ドル/バレルまで反落した。米国が5月8日、イラン核合意から離脱するとの発表を受け、上昇が加速していたが、サウジアラビアとロシアが25日、増産を示唆したことから一転して反落、その後はもみあい局面を迎えている。しかし、下記のような市場の内部要因と金融市場との関係から60ドル台前半まで下押す可能性が強まっているのではないだろうか。

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る