【マーケットエッジ】日本勢、ポートフォリオ多様化も、原油高の影響免れず

原油相場が沈静化の動きを見せている。指標原油の米ウェスト・テキサス・インターメディエイト(WTI)原油の価格は一時、2014年11月以来およそ3年7カ月ぶりとなる70ドルを突破していた。この影響が日本の電力およびガス会社が輸入する液化天然ガス(LNG)価格にも出始めている。この背景には依然、日本の需要家が保有するLNGの長期契約の多くが原油市況リンクで決まっていることがある。

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る