【コンフィデンシャル予告】米朝首脳会談で存在感が薄れるロシア―エネルギー協力で巻き返しか

6月12日、世界の耳目を集めた史上初の米朝首脳会談がシンガポールで開催された。“歴史的会談”の実現に至るプロセスで、中国や韓国といった周辺国の働きかけが際立った一方、北朝鮮と友好関係にあるロシアの存在感が薄れ、プーチン政権は少なからず焦りを覚えているとも伝わる。こうした状況下、ロシアは「エネルギー」をテコに北朝鮮への食い込みを図ろうとの見方が出ている。

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る