EU⑬=シェルがフラムでFID、エクイノールがマイクロソフトと提携

英蘭系ロイヤル・ダッチ・シェルは6月25日、英領北海のフラム天然ガス・コンデンセート田開発で、最終投資決定(FID)を下したと発表した。ピーク時の生産量は、原油換算で日量1万2,400バレルを見込む。

ノルウェーのエクイノール(旧スタットオイル)は6月21日、マイクロソフトのデータセンター(ノルウェー)からクラウドサービスを提供してもらうことに合意したと発表した。エクイノールは今後、マイクロソフトに情報を提供し、エネルギー産業向けに新たなソリューションを開発するという。

ノルウェーでは、石油監督局(NPD)が6月21日、海洋石油・天然ガス開発にかかわるレポートを発表し、ノルウェー領の大陸棚にある未開発の石油・天然ガス資源が、推定で40億立方メートル(原油換算)とした。そのうち、3分の2がバレンツ海、3分の1が北海とノルウェー海に存在すると予測している。

イタリア炭化水素公社(ENI)は6月25日、アンゴラ沖合の深海鉱区(ブロック15/06)にあるカリンバ-1NFW井で原油の埋蔵を発見したと発表した。推定埋蔵量は3億バレル、生産能力は日量約5,000バレル(原油換算)の見込みとしている。

ENIはまた、クロアチアの石油・天然ガス会社であるINAが、ENIクロアチアを完全買収することに合意したと発表した。ENIクロアチアは現在、同国沖合のマリカ天然ガス田などを保有しているという。この買収によって、INAの生産量は日量ベースで2,500バレル(原油換算)増加するとみられている。INAは、ハンガリーのMOLグループの子会社である。

仏トタルが、ウガンダのレイク・アラート地域で手がける油田プロジェクトに関連し、2018年中に最終投資決定(FID)を下したとしても、21年以前の生産開始はないと、6月19日付の『ロイター通信』が報じた。このプロジェクトには、トタルのほか、中国や英国企業が合弁事業として参画している。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ページ上部へ戻る