【マーケットエッジ】一服している米長期金利に上昇圧力~減少続ける米原油在庫に注目~

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のWTI原油とシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)の米10年国債の未決済建玉の関連性が深まっている。特に、ファンド筋に代表される大口投機玉の「原油買い・債券売り」の建玉が膨らんでいたが、足元では、ポジション整理が進展し、原油価格と長期金利の上昇は一服している。2009年以降の両指標の相関係数は、0.915に達し極めて強い連動性を示している。

それではこの先、両指標の方向性はどうなるのか、「原油価格」、「米国原油在庫」、「長期金利」の関係から分析を試みた。1986年から5年ごとにその相関係数を調べたのが表1だ。結論から言えば、原油在庫がその鍵を握っていると言えそうだ

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る