【マーケットエッジ】消費者物価指数は上昇するのか~薄まり始めたエネルギー指数との逆相関~

日銀は7月末に公表する展望レポートで、物価上昇率の見通しを下方修正する見通しが強まっている。総務省が発表した6月の消費者物価指数(生鮮食品除く総合指数)は101.0(前年同月比0.8%上昇)に留まった。4月の展望レポートにおける政策委員見通しの中心値は2018年度が1.3%、2019年度が1.8%(いずれも上昇)で、実勢と見通しとの乖離が浮き彫りになっていた。リム情報開発が公表するリムエネルギー総合指数22種(Recx-22)と消費者物価指数(生鮮食品及びエネルギーを除く=コアコア指数)は、長期的に逆相関となっているが、足元ではエネルギー指数の上昇に対して、物価指数がやや上向き傾向を示している。エネルギー指数が上昇すれば、物価指数が下落を始めるとみるのがこれまでの見立てである。しかし、長期に亘る消費者物価指数の低迷(デフレ色の強い経済)が終わった可能性を指摘したい

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る