【マーケットエッジ】国際商品市況の調整局面は短期間で終わる~米原油在庫減少が下支え要因~

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のWTI原油相場が急落している。6月29日の74.15ドル/バレルから8月8日には66.94ドル/バレルまで下落し調整色を強めている。リビア港湾施設の操業再開、イラン原油に対する供給不安の後退、米中貿易摩擦の激化、石油輸出国機構(OPEC)の増産など、弱材料が重なった事が要因とされるが、当レポートでは、国際商品の代表格である原油・銅、趨勢が注目される米長期金利から今後の動向を分析した。

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る