【マーケットエッジ】WTIと北海ブレントの格差拡大、クラックも堅調 ~米中間選挙に向けて、エネルギー業界上・下流へエール?~

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のWTI原油とインターコンチネンタル取引所(ICE)の北海ブレント原油の油種間格差(スプレッド)が拡大している。格差は9月18日、5月末以来の水準である8.93ドル/バレルに達した。格差が拡大する事で、割安感が強まった米国原油の相対的な魅力が高まって輸出が促進されることになる。これまでも7ドル/バレルを越えてくると輸出量が急増していた

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る