サウジアラビアージャーナリスト殺害事件で国際的に孤立もエネルギー事業で活発な動き

サウジアラビア出身のジャーナリスト、ジャマル・カショギ氏の殺害事件にからみ、サルマン皇太子の関与が取り沙汰されるなど、国際的に孤立の様相を深めるサウジだが、石油を中心とするエネルギー事業は停滞するどころか、むしろ活発な動きを見せている。

この記事の続きを読みたい場合は、リム総研のホームページから会員登録をして下さい。

 

関連記事

スペシャルレポート①
スペシャルレポート②
Date Cafetería
有料会員ログイン

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る